熊谷文化創造館さくらめいと
 

公益財団法人熊谷市文化振興財団
〒360-0846
埼玉県熊谷市拾六間111-1
TEL 048-532-0002(代)
FAX 048-532-0022




ご利用案内

案内詳細 | 利用料金 | 注意事項

初めにお読みください ] [ 太陽のホール ] [ 月のホール ] [ 風の劇場 ] [ その他の施設 ]

初めにお読みください

大里地域以外の利用料金

 利用権利者の住所(法人にあっては事務所の所在地)が大里地域以外の場合の利用料金は、基本利用料金の額の100分の150に相当する額とします。

利用料金が端数の場合

 利用料金の額に10円未満の端数を生じたときは、その端数を切り捨てます。

午前から午後まで、午後から夜間まで利用する場合

 午前から午後まで、又は午後から夜間まで引き続き利用する場合は、正午から午後1時まで、又は午後5時から午後6時までの間の利用に係る料金は無料とします。

午後10時以降引き続き利用した場合

 午後10時以降引き続き利用した場合の超過時間に係る利用料金の額は、超過時間1時間(30分未満は切り捨て、30分以上1時間未満は1時間に切り上げるものとします)につき夜間の基本利用料金の1時間当たりの額の100分の120に相当する額とします。

展示目的として利用する場合

 月のホール又は会議室を展示を目的として利用する場合の利用料金は、月のホールにあっては入場料が2000円以下の場合の基本利用料金の額の100分の 50に相当する額とし、会議室にあっては基本利用料金の額の100分の50に相当する額とします。ただし、入場料を徴収する場合又は営業的行為で利用する場合を除きます。

入場料とは

 入場料とは、入場料、会費、会場整理費その他名称のいかんを問わず入場の対価として徴収するものをいい、その額が2種類以上定められているときは、最高額となります。

準備・練習のための利用料金

 太陽のホール又は月のホールを、準備又は練習(さくらめいとの利用許可を受けている公演等に伴うものに限る)のために利用する場合の利用料金は、それぞれの基本利用料金の額の100分の70に相当する額とします。

楽屋利用について

 楽屋は、太陽のホール又は風の劇場を利用する場合に利用することができるものとします。

休日とは

 休日とは国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第 178号)に規定する休日をいい、平日とは月曜日から金曜日までの日のうち休日を除く日となります。