熊谷文化創造館さくらめいと
 

公益財団法人熊谷市文化振興財団
〒360-0846
埼玉県熊谷市拾六間111-1
TEL 048-532-0002(代)
FAX 048-532-0022




(公財)熊谷市文化振興財団

熊谷文化創造館さくらめいと | 大里生涯学習センターあすねっと | 江南総合文化会館ピピア

 公益財団法人熊谷市文化振興財団は、「熊谷市をはじめ県北地域における芸術および文化の振興を図るため」に平成9年4月1日に財団法人熊谷市文化振興財団として設立されました。
 平成20年12月に施行された財団法人等の制度改正に伴い、平成23年9月30日付けで、「公益財団法人熊谷市文化振興財団」に移行いたしました。
 また、平成24年度から「熊谷文化創造館さくらめいと」に加え、「大里生涯学習センターあすねっと」及び「江南総合文化会館ピピア」の指定管理者として、施設の管理・運営を行うことになりました。
 財団スタッフは、さくらめいと・あすねっと・ピピアでの自主事業公演や施設の貸出し等を通じて、芸術文化の振興、生涯学習の推進、地域コミュニティの醸成等、地域文化の発展に努め、ご利用いただく皆様に、ご満足いただけますよう努力してまいります。
 皆様のご来館を心よりお待ち申し上げております。

財団の概要

平成29年度計画

平成28年度報告

平成28年度計画

平成27年度報告

平成27年度計画

平成26年度報告

平成26年度計画

平成25年度報告

平成25年度計画

平成24年度報告

平成24年度計画

平成23年度報告

平成23年度計画


助成事業

◆交響楽団等の育成事業のご案内
さくらめいと・あすねっと・ピピアを利用し、管弦楽・吹奏楽等の音楽活動又は演劇、芸能等の舞台活動を行う団体を登録し支援する事業です。
詳細は「交響楽団等の育成に関する事業実施基準(PDF:210KB)」をご覧ください。

◆芸術文化活動助成事業
さくらめいと・あすねっと・ピピアのホールを公益目的の芸術文化活動で利用される場合、利用料の一部を助成する事業です。
詳細は「芸術文化活動助成金交付要綱(PDF:273KB)」をご覧ください。

Get Adobe Reader PDFファイルをご覧になるには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。
インストールされていない方は、左のロゴをクリックしてダウンロードしてください。



公演を楽しむために 〜より楽しい時間をお過ごしください〜

 コンサートなどの公演で「さくらめいと」にお出かけになるとき、皆さまはどんなことを心がけていらっしゃいますか? 待ちに待った公演ですから存分に楽しみたいものです。ご参考までに公演を楽しむためのポイントをご紹介します。

◆早めに出発
開演間際にあわててホールに飛び込むのは避けたいもの。落ち着いた気分で開演を迎えましょう。開演に遅れた場合、演奏・演出の都合で入場をお待ちいただくこともあります。

◆ちょっとお洒落を
もちろん普段着で気楽に楽しむのもOK。でも、コンサートの日は特別な日。せっかくなら、ちょっとお洒落をすると普段と気分も変わります。気をつけたいのは「香り」。オーデコロンなどのよい香りも、過ぎるとかえって他人の迷惑になることがあります。

◆上着を用意
ホールは適温に保たれるよう調整をしていますが、空気の対流の関係で、席により多少温度差があります。また、出演者の要望に合わせた温度に調整することもあります。夏も冬も、上着などで調節ができるような服装が便利です。

◆手回り品はクロークに
冬の季節のコートや、お買い物の荷物、学校帰りのバッグなどは、客席では邪魔。こんなときは、クロークをご利用ください(一部公演を除く)。貴重品を除き、終演時までお預かりします。また、傘はホール入口の傘たてをご利用ください。

◆わからないことはホールのスタッフにおたずねください
席の案内など、ご遠慮なくホールスタッフにお申し付けください。

◆周囲への気配りで楽しい空間づくり
ホールは自分だけのものではありません。満席の場合は1,000人ものお客様が同じ時間と空間を共有しているのです。私語や手荷物のカサカサ音は、他人にとって大変気になるものです。ほんの少しの気配りで、より楽しい空間が生まれます。

◆写真撮影、ちょっと待って
デジタルカメラや携帯電話で写真をパチリ。楽しいですよね。でも、多くのコンサートや公演では写真撮影や録画、録音は禁止されています。五感を研ぎ澄まして、こころに感動を刻んでください。